遺言

障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました