遺言

障害者相続のお役立ち情報

障害者や認知症の相続で遺留分は問題にならない?【遺言を残してトラブルを回避!】

障害者と認知症の方が法定相続人に含まれている場合、遺言でそれらの方に財産を渡さないような内容にしても遺留分を支払わなければならないのでしょうか。答えはNOです。遺留分を無視して遺言通りに遺産を分配するほうがかえって効率的な財産移転ができる場合があります。
当事務所の手続

認知症や障害者等の専門的知識が必要な特殊な相続手続きは対応できる所が少ない?

認知症や障害者が含まれる相続は一般の相続手続きと大きく違う 一般的な相続手続きと、認知症や障害者が含まれる相続手...
成年後見人をつけない相続

親が認知症になったらもう片方の親に遺言を書いてもらう【成年後見人をつけないテク】

片方の親が認知症になった時は必ずもう片方の親に遺言を書いてもらおう 親が認知症になった場合、まず何をするべきか。...
成年後見人をつけない相続

遺言は一つで障害者と認知症の両方への対策になる【地獄の苦しみを回避!】

遺言が無いために地獄の苦しみを味わう家族が多い 成年後見人をつけるタイミングで多いのが「相続」です。 「成...
障害者の将来(親なき後問題)

親の死後障害のある子にお金を残すには「親戚」を活用する【親なきあとの簡単な対処法】

※今回お伝えする手法はやっておいたほうがやらないよりも良いという「簡単でお金もかからない」親なきあと対策の一つです。し...
成年後見人をつけない相続

絶対に遺言を作っておいた方が良いパターン2つ!【成年後見人を回避できる】

遺言は基本的には必要の無いもの 遺言というと「作っておいた方が良いって聞くけどなかなか取り掛かる気にはなれない…...
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました