福祉施設

障害者の将来(親なき後問題)

市町村長が勝手に成年後見人をつけてしまう!?【鍵は地域の根幹施設!】

成年後見制度の市町村長申立とは? 成年後見には「市町村長の申立」という制度があります。 市町村長の申立とは、簡単に言うと、市民の成年後見人の申立を市町村長の権限で行うというものです。 市町村長の申立制度については...
講演活動

シニアふれあいセンター仲本荘で「元気なうちだから知っておきたいこと」講話を行いました

「元気なうちだから知っておきたいこと」についての講話を行いました 令和4年1月30日(日)、埼玉県さいたま市浦和区にある高齢者施設仲本荘で「元気なうちだから知っておきたいこと」についての講話を行いました。 高齢者が「元...
障害者相続のお役立ち情報

成年後見制度と福祉業界どちらが間違っているのか【被害者は常に市民】

※この記事は「福祉サービス契約時の成年後見制度」について書かれています。 福祉業界と成年後見制度はどちらが間違っているのか 成年後見制度は、本人を保護するための最強の制度です。 しかし、ときに本人を保護するため家族との繋...
当事務所の手続

障害者相続の手続きは福祉の現場経験豊富な専門家に任せた方が良いワケ

障害者相続は福祉の知識がある者に任せたほうが良い 障害者の相続とは、主に「障害者が相続人に含まれている場合の相続手続き」のことを指します。 障害者が亡くなり、その者についての相続手続きのことではありません。この場合ですと一般的...
障害者の将来(親なき後問題)

知的障害者が成人したら成年後見人をつけなければならない厳しい社会になる?

知的障害者が成人したら一律で成年後見人をつけなければならないという恐ろしい社会が来る可能性がある? 意思能力や判断能力の無い成人の知的障害者が福祉サービスを利用する場合、原則成年後見人等を立てることが必要となります。 しかし、...
成年後見人をつけない相続

親や兄弟が知的障害者の財産管理と身上監護を行っていくことの是非

親や兄弟が意思能力や判断能力の無い知的障害者の財産管理と身上監護を行うことは良いこと?悪いこと? 意思能力や判断能力の無い知的障害者の方が福祉サービスの契約や遺産分割協議、その他の手続きを行うには成年後見人等が必要というのが世の中の...
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後に成年後見人をつけずに福祉サービスの利用を続ける方法

親が亡くなった後に成年後見人をつけずに福祉サービスの契約を続ける方法 福祉サービスを利用している成人の知的障害者や精神障害者の両親が亡くなった場合、福祉サービス機関から成年後見人の選任を求められることがあります。 そもそも厳密...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけたくないと考えてしまうポイントとその対策について解説します!

※この記事は「専門家等の第三者による成年後見人」がついた場合を想定しています。 成年後見人をつけたくないと考える方は非常に多い 意思能力や判断能力が無い方には成年後見人の選任が必要となります。 例えば、福祉サービスの契約...
障害者相続のお役立ち情報

成年後見人にかかる費用は若いほど多い!【1000万円以上の差がでることも】

成年後見人にかかる費用は若ければ若いほどかかる 意思能力や判断能力が無い方には成年後見人が必要となることがありますが、成年後見人には当然報酬を支払う必要があります。 成年後見人をつけることでかかる費用は「成年後見人選任の申し立...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました