障害者相続のお役立ち情報

障害者相続のお役立ち情報

成年後見人にかかる費用は若いほど多い!【1000万円以上の差がでることも】

成年後見人にかかる費用は若ければ若いほどかかる 意思能力や判断能力が無い方には成年後見人が必要となることがありま...
障害者相続のお役立ち情報

知的障害者と遺産分割協議書を作る際の注意点とポイントを解説します!

知的障害者と遺産分割協議書を作る際に注意することと円滑に手続を進めるためのポイント 知的障害者が相続人に含まれる...
障害者相続のお役立ち情報

障害者の相続を銀行に任せるのは危険!【必ず成年後見人を求められる】

障害者が相続人にいる場合、相続手続き自体を銀行に任せてはいけない? 障害者が相続人にいる場合、相続手続きを銀行に...
障害者相続のお役立ち情報

家族が後見人になるのは絶対にやめたほうが良い?【大きな負担を背負うことに】

障害を持った方の親や兄弟などが成年後見人に就任するのはやめたほうが良い? 障害を持った方の成年後見人として、その...
障害者相続のお役立ち情報

意思能力や行為能力が無い者でも契約が可能?【成年後見制度の矛盾点と急所を解説】

意思能力や行為能力が無い者は契約を行うことができませんが、実は多くの場面で意思能力や行為能力の無い者の契約というものが行われている現状があります。この記事では、成年後見制度の矛盾点と急所についての問題提起と解説を行っています。
障害者相続のお役立ち情報

知的障害者や精神障害者が相続人に含まれている場合は何に注意すれば良いのか?

相続人の中に知的障害をお持ちの方や精神障害をお持ちの方がいる場合、相続の方法をよく考える必要があります。 意思能...
障害者相続のお役立ち情報

相続税の障害者控除を受けるために財産を分ける場合は現金が良い?

相続税の障害者控除は非常に強力な制度であり、その活用は必須と言えるでしょう。しかし、障害者控除を受けるためには対象となる障害者への相続分を0にしてはなりません。ここでは、障害者控除を受けるためには現金が良いという理由について解説しています。
障害者相続のお役立ち情報

成年後見制度は本人の保護には強いが「自己実現」には弱い部分がある?

※この記事は知的障害等をお持ちの方のご家族の視点で書かれています。 成年後見制度は本人の保護という面では優れてい...
障害者相続のお役立ち情報

知的障害者等の相続分を0にする方法【障害者控除を使わない場合に取れる手段】

知的障害者の相続分を0にすることは可能です。しかし、相続税の障害者控除という制度を利用する場合には大きな損失となる可能性があります。ここでは、障害者控除をつかわない場合にとれる手段として、本人を保護するために相続分を0にする方法を解説します。
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました