障害者控除

障害者相続のお役立ち情報

精神障害者の相続のポイント4つ!【症状の波・施設・手帳・障害者控除・】

精神障害者の相続のポイント4つ! 精神障害者が相続人に含まれる場合、一般的な相続とは注意点が変わってきます。 ...
成年後見人をつけない相続

知的障害者の相続のポイント6つ【障害の程度・署名・施設・家族の理解・障害者控除・印鑑証明】

知的障害者の相続のポイントは5つ!各ポイントについて解説します! 知的障害者の方が相続人に含まれる相続手続きには...
障害者相続のお役立ち情報

障害者控除等で相続税を節税しても意味の無いケース【根本の問題が解決できない】

障害者控除で相続税を節税しても意味が無くなってしまう事例が多発! 現在、「障害者の相続対策」という言葉でインター...
成年後見人をつけない相続

遺言は一つで障害者と認知症の両方への対策になる【地獄の苦しみを回避!】

遺言が無いために地獄の苦しみを味わう家族が多い 成年後見人をつけるタイミングで多いのが「相続」です。 「成...
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
障害者相続のお役立ち情報

相続税の障害者控除を受けるために財産を分ける場合は現金が良い?

相続税の障害者控除は非常に強力な制度であり、その活用は必須と言えるでしょう。しかし、障害者控除を受けるためには対象となる障害者への相続分を0にしてはなりません。ここでは、障害者控除を受けるためには現金が良いという理由について解説しています。
障害者相続のお役立ち情報

知的障害者等の相続分を0にする方法【障害者控除を使わない場合に取れる手段】

知的障害者の相続分を0にすることは可能です。しかし、相続税の障害者控除という制度を利用する場合には大きな損失となる可能性があります。ここでは、障害者控除をつかわない場合にとれる手段として、本人を保護するために相続分を0にする方法を解説します。
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました