認知症

成年後見人をつけない相続

兄弟に障害者がいる場合は相続前に対処しておかなければならない【成年後見人が必須となる?】

「兄弟」が絡むケースでは相続に影響が出やすい! 障害者や認知症が関わる相続の場合には「兄弟」がポイントとなる場合が多くあります。 逆を言えば、兄弟がいなければ問題にならなかったが、兄弟がいることによって講じなくてはならない対策が発生するとい...
成年後見人をつけない相続

障害者✕認知症の組み合わせが最も大変!【遺言を作りたくても作れない→成年後見人へ】

遺言を作れない状況から成年後見人をつけざるを得なくなってしまうことも! 最近では、重度の障害者や認知症の方が推定相続人にいる場合、遺言を作らないと大変なことになるという理解は進んできたと思います。 「遺言が必要なのは分かっている、じゃあ自分...
成年後見人をつけない相続

遺言を作るのと作らないのでは多額の差が生じる!【重度障害者の相続に遺言は必須】

重度障害者の相続では遺言が無いと多額の損失が発生する 一般市民の中では、遺言を作り将来に備えているという方は多くはいないと思います。 「みんな作ってないから大丈夫でしょ」 「ウチは揉め事が無いし法律どおりに分ければ良いでしょ」 と思っている...
成年後見人をつけない相続

障害者・認知症の周りには敵が多すぎる!?【言われるがままに手続きを進めないこと】

障害者や認知症の方を取り巻く環境は厳しい 今の日本では障害福祉サービスや高齢福祉サービスに予算を多くかけており、その質も年々高くなっていると感じます。 福祉サービスや医療サービスの質や量については完璧だとは思わずとも、不満を抱いている人はそ...
講演活動

老人福祉センターいこい荘で高齢者の安心講座を行いました

高齢者に必ず必要な情報を網羅する講座 令和5年9月21日(木)、さいたま市の老人福祉センターいこい荘であんしん講座を行いました。 ここでは高齢期に知っておきたい生活に関する情報をお伝えしました。 介護保険、葬儀、相続、遺言、お墓などの話を行...
成年後見人をつけない相続

「成年後見人をどうしてもつけたくない人が手にする本」発売開始!

「成年後見人をどうしてもつけたくない人が手にする本」という書籍を発売しました 令和5年8月、行政書士花村秋洋事務所が初の書籍「成年後見人をどうしてもつけたくない人が手にする本」を発売しました。 この本は、タイトル通り成年後見人をどうしてもつ...
障害者のかきかた教室

障害者(認知症含む)専門の署名・漢字練習教室を行っています【全国対応】

障害者にも必ず署名を行う場面が訪れる 障害がある方でも、必ず自分で自分の名前を書かなければならないという場面が必ず訪れます。 具体例を挙げると、「遺産分割協議書への署名」、「印鑑登録の申請」、「委任状への署名」、「相続放棄の申述書」などです...
当事務所の手続

全国で唯一の「障害者・認知症専門の相続」を行っている特定行政書士花村秋洋事務所

全国で唯一「障害者・認知症専門の相続」を行っているワケ 特定行政書士花村秋洋事務所は全国で唯一の「障害者・認知症専門の相続」を行っています。そのため、事務所が埼玉県にあるにもかかわらず、相続や遺言手続きの多くは県外からのご依頼です。もちろん...
成年後見人をつけない財産管理

成年後見人のデメリットベスト5!【多くのお困りの声から】

成年後見人にはデメリットが非常に多くあります。これらのデメリットを知らずに利用し、後で公開してしまう人はたくさんいらっしゃます。ここでは成年後見人のデメリットについてランキング方式で解説していきます。
障害者の将来(親なき後問題)

市町村長が勝手に成年後見人をつけてしまう!?【鍵は地域の根幹施設!】

成年後見制度の市町村長申立とは? 成年後見には「市町村長の申立」という制度があります。 市町村長の申立とは、簡単に言うと、市民の成年後見人の申立を市町村長の権限で行うというものです。 市町村長の申立制度については、民法ではなく、老人福祉法や...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから