成年後見人

成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけたくないと考えてしまうポイントとその対策について解説します!

※この記事は「専門家等の第三者による成年後見人」がついた場合を想定しています。 成年後見人をつけたくないと考える...
障害者相続のお役立ち情報

成年後見人にかかる費用は若いほど多い!【1000万円以上の差がでることも】

成年後見人にかかる費用は若ければ若いほどかかる 意思能力や判断能力が無い方には成年後見人が必要となることがありま...
成年後見人をつけない相続

成年後見人なしで相続手続きをする3つの方法【認知症・知的障害・精神障害】

成年後見人なしで相続手続きをする方法は、大きく分けて3つあります。一つは「相続手続き自体をしない」、二つめは「法定相続分で相続をする」三つめは「本人の意思能力や判断能力の有無を良く考えたうえで相続をする」といった方法です。まずは成年後見人なしで相続をする方法を検討してみましょう。
障害者相続のお役立ち情報

障害者の相続を銀行に任せるのは危険!【必ず成年後見人を求められる】

障害者が相続人にいる場合、相続手続き自体を銀行に任せてはいけない? 障害者が相続人にいる場合、相続手続きを銀行に...
成年後見人をつけない相続

成年後見人を立てない相続を行う場合のメリットとデメリットを解説!

※この記事は「知的障害者や精神障害者の方」に対する成年後見人を立てない相続を主な対象としています。 成年後見人を...
成年後見人をつけない相続

知的障害者の相続手続きで成年後見人を立てなくて良いケースと問題点

知的障害者が相続人に含まれる場合でも成年後見人を立てなくても良いケースがあります。しかし、起こり得る問題点を理解し、しっかりとした対策を立てておく必要があります。ここでは、成年後見人を立てなくて良いケースとその問題点について解説します。
成年後見人をつけない相続

精神障害者の相続手続きは成年後見人をつけないでできるのか?【必ずしも必要ではない】

精神障害者の相続手続には成年後見人をつけなくてもできる場合があります。そして、それは知的障害者や認知症高齢者が相続人にいる場合よりも比較的可能性は高くなります。ここでは、精神障害者の相続手続を成年後見人をつけないで行った場合の注意点を解説します。
当事務所の手続

障害者の相続手続きは現場経験のある専門家に任せるべき?【成年後見の必要性の判断】

障害者の相続手続きは相続の専門家よりも障害者に理解のある専門家に任せた方が良い? 障害者の相続手続きは、通常の相...
成年後見人をつけない相続

「障害者には必ず成年後見人が必要です」と相続の専門家が言ってしまう訳

相続の専門家が「障害者には必ず成年後見人が必要です」と言ってしまうのは仕方がない? 当事務所への相談として、「障...
成年後見人をつけない相続

銀行が後見を受けているかの立証を求めないのはなぜか【知的障害者等に対する相続手続の矛盾】

銀行や証券会社は相続人に知的障害者や精神障害者がいても立証を求めない 知的障害者や精神障害者を取り巻く相続手続き...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました