知的障害者

障害者の将来(親なき後問題)

知的障害者が成人したら成年後見人をつけなければならない厳しい社会になる?

知的障害者が成人したら一律で成年後見人をつけなければならないという恐ろしい社会が来る可能性がある? 意思能力や判...
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後に成年後見人をつけずに福祉サービスの利用を続ける方法

親が亡くなった後に成年後見人をつけずに福祉サービスの契約を続ける方法 福祉サービスを利用している成人の知的障害者...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけたくないと考えてしまうポイントとその対策について解説します!

※この記事は「専門家等の第三者による成年後見人」がついた場合を想定しています。 成年後見人をつけたくないと考える...
障害者相続のお役立ち情報

成年後見人にかかる費用は若いほど多い!【1000万円以上の差がでることも】

成年後見人にかかる費用は若ければ若いほどかかる 意思能力や判断能力が無い方には成年後見人が必要となることがありま...
障害者相続のお役立ち情報

知的障害者と遺産分割協議書を作る際の注意点とポイントを解説します!

知的障害者と遺産分割協議書を作る際に注意することと円滑に手続を進めるためのポイント 知的障害者が相続人に含まれる...
障害者の将来(親なき後問題)

知的障害者の親亡き後の財産移転シミュレーション【多くの財産を残す方法】

知的障害者に関する「親亡き後」の財産移転についてシミュレーションを通して検討する 現在、「親亡き後問題」という言...
障害者の将来(親なき後問題)

成年後見人を立てずに生活が送れるかどうかは福祉施設の判断次第?

利用している福祉施設の対応次第で成年後見人を立てずに生活を送っていくことができる訳 成年後見人を立てずに相続手続...
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
成年後見人をつけない相続

成年後見人なしで相続手続きをする3つの方法【認知症・知的障害・精神障害】

成年後見人なしで相続手続きをする方法は、大きく分けて3つあります。一つは「相続手続き自体をしない」、二つめは「法定相続分で相続をする」三つめは「本人の意思能力や判断能力の有無を良く考えたうえで相続をする」といった方法です。まずは成年後見人なしで相続をする方法を検討してみましょう。
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました