遺言

障害者相続のお役立ち情報

子には平等に不動産を残さないとトラブルに?【成年後見人と相続時の代償分割の危険】

平等に子に不動産を残さないと後々トラブルになる? 成年後見制度が絡んだ場合、親が子に対して不動産を残した際にトラブルとなる可能性があります。 今回は、認知症及び障害者のいる家庭で、片方の子のために不動産を渡しておいた場合に考え...
成年後見人をつけない相続

両親や家族がそれぞれ行う「親なき後遺言」で成年後見人をつけない将来を作り出す

誰でもできる親なき後対策は? 親なき後問題というのは多岐に渡ります。 「親が子にどうやって財産を遺せば良いのか?」、「誰が子の面倒を見てくれるのか」、「子が安心して暮らすためにはどうすれば良いのか?」などがあると思います。 ...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけないための遺言の作り方【3つのケースごとのポイントを解説!】

成年後見人をつけないための遺言の作り方を3つのケースを例に挙げて解説する! 成年後見人をつけないための遺言とは何でしょう? それは、「相続の際につける必要のない成年後見人をつけないで手続きを行うための遺言」のことです。 ...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけない対策は自分の家庭に合ったものを!【親なき後対策は家族信託or遺言?】

成年後見人をつけなくて済むような親なき後対策を取るには自分の家庭にあったものを 将来(親が亡くなった時)、成年後見人をつけなくて済むような対策としては「遺言」や「家族信託」が考えられます。 例えば両親と長男次男の四人家族で、長...
障害者相続のお役立ち情報

なぜ意思能力の無い者が家族(法定相続人)にいるのに遺言を作らない人が多いのか

なぜ意思能力の無い者が家族の中にいる場合でも遺言を作らない人が多いのか 家族(法定相続人)の中に障害や認知症などで意思能力の無い者がいる場合、その他の家族が遺言を作っておかないと予期せぬことが起きてしまいます。 それは、「成年...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけないための遺言内容3つのポイント!【障害者控除・遺言執行者・分配方法】

成年後見人をつけないようにするために遺言を作る場合は特に注意! 重度の知的障害者の方など、意思能力の無い者が相続人にいる場合、何も準備しておかなければ、相続時に成年後見人をつけることになります。 相続時に成年後見人をつ...
成年後見人をつけない相続

自分が高齢者になったら何をしておくか【子どもが困らないような相続は自分で作り出す】

もし自分が高齢者になったら子どものためにどんな相続対策をしておかなければならないか 私が高齢者と呼ばれるにはまだ20年以上かかります。 しかし、相続のお手続きのサポートをしているという仕事柄、色々な方の相続場面を見てき...
障害者相続のお役立ち情報

障害者や認知症の相続で遺留分は問題にならない?【遺言を残してトラブルを回避!】

障害者と認知症の方が法定相続人に含まれている場合、遺言でそれらの方に財産を渡さないような内容にしても遺留分を支払わなければならないのでしょうか。答えはNOです。遺留分を無視して遺言通りに遺産を分配するほうがかえって効率的な財産移転ができる場合があります。
当事務所の手続

認知症や障害者等の専門的知識が必要な特殊な相続手続きは対応できる所が少ない?

認知症や障害者が含まれる相続は一般の相続手続きと大きく違う 一般的な相続手続きと、認知症や障害者が含まれる相続手続きは内容が大きく違うことが多々あります。 一般的な相続手続きは、 (遺言が無い場合) ①戸籍を集めて...
成年後見人をつけない相続

親が認知症になったらもう片方の親に遺言を書いてもらう【成年後見人をつけないテク】

片方の親が認知症になった時は必ずもう片方の親に遺言を書いてもらおう 親が認知症になった場合、まず何をするべきか。 もちろん福祉サービスの利用を検討したり、本人を支援する体制を整えたりすることは重要です。 しかし、「本人を...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました