精神障害者

障害者の将来(親なき後問題)

親なきあと対策に子ども名義の貯金通帳は作ってはいけないってホント?

親なきあと対策として子ども名義の通帳に貯金をしてはいけない? 親が亡くなった後の子に対する不安を解消するためには...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけないで相続をすることのリスクとは【メリットとデメリットを理解する】

成年後見人をつけないで相続をすることのリスクとは 「成年後見人なんてつけたくない!」なんて思っていらっしゃる方は...
障害者の将来(親なき後問題)

親の死後障害のある子にお金を残すには「親戚」を活用する【親なきあとの簡単な対処法】

※今回お伝えする手法はやっておいたほうがやらないよりも良いという「簡単でお金もかからない」親なきあと対策の一つです。し...
当事務所の手続

障害者相続の手続きは福祉の現場経験豊富な専門家に任せた方が良いワケ

障害者相続は福祉の知識がある者に任せたほうが良い 障害者の相続とは、主に「障害者が相続人に含まれている場合の相続...
当事務所の手続

出来るだけ成年後見人をつけたくないとお考えの方達に講話を行っています【無料講話】

「出来るだけ成年後見人をつけずに家族で本人の支援を行いたい」とお考えのご家族向け無料講話の実施 当事務所では、「...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけた場合とつけない場合の「本人の保護」についてどう違うのか

成年後見人をつけた場合とつけない場合は何が違う? 成年後見人をつけると何が違うのか。もちろんこれについてご存知の...
障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけたくないと考えてしまうポイントとその対策について解説します!

※この記事は「専門家等の第三者による成年後見人」がついた場合を想定しています。 成年後見人をつけたくないと考える...
障害者の将来(親なき後問題)

成年後見人を立てずに生活が送れるかどうかは福祉施設の判断次第?

利用している福祉施設の対応次第で成年後見人を立てずに生活を送っていくことができる訳 成年後見人を立てずに相続手続...
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました