精神障害者

障害者の将来(親なき後問題)

親亡き後対策例のまとめ【誰でもできる相続・遺言・施設契約のポイントを解説】

親亡き後問題への対策は、親が生きている間に行うことが必要です。遺言や家族信託は親が生前に行わなければなりませんが、相続手続については親の死後でも対策を取れることがあります。自筆証書遺言や成年後見人をつけない相続を活用することにより負担を減らすことは多々あるのです。
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけたくないと考えてしまうポイントとその対策について解説します!

※この記事は「専門家等の第三者による成年後見人」がついた場合を想定しています。 成年後見人をつけたくないと考える...
障害者の将来(親なき後問題)

成年後見人を立てずに生活が送れるかどうかは福祉施設の判断次第?

利用している福祉施設の対応次第で成年後見人を立てずに生活を送っていくことができる訳 成年後見人を立てずに相続手続...
成年後見人をつけない相続

自筆証書遺言保管制度の活用で成年後見人がいらなくなる?【障害者や認知症の相続対策】

認知症や障害者の相続対策として最も簡単で有効なのは自筆証書遺言保管制度を活用して遺言を書いておくこと! 認知症や...
成年後見人をつけない相続

成年後見人なしで相続手続きをする3つの方法【認知症・知的障害・精神障害】

成年後見人なしで相続手続きをする方法は、大きく分けて3つあります。一つは「相続手続き自体をしない」、二つめは「法定相続分で相続をする」三つめは「本人の意思能力や判断能力の有無を良く考えたうえで相続をする」といった方法です。まずは成年後見人なしで相続をする方法を検討してみましょう。
障害者相続のお役立ち情報

障害者の相続を銀行に任せるのは危険!【必ず成年後見人を求められる】

障害者が相続人にいる場合、相続手続き自体を銀行に任せてはいけない? 障害者が相続人にいる場合、相続手続きを銀行に...
成年後見人をつけない相続

成年後見人を立てない相続を行う場合のメリットとデメリットを解説!

※この記事は「知的障害者や精神障害者の方」に対する成年後見人を立てない相続を主な対象としています。 成年後見人を...
成年後見人をつけない相続

精神障害者の相続手続きは成年後見人をつけないでできるのか?【必ずしも必要ではない】

精神障害者の相続手続には成年後見人をつけなくてもできる場合があります。そして、それは知的障害者や認知症高齢者が相続人にいる場合よりも比較的可能性は高くなります。ここでは、精神障害者の相続手続を成年後見人をつけないで行った場合の注意点を解説します。
当事務所の手続

障害者の相続手続きは現場経験のある専門家に任せるべき?【成年後見の必要性の判断】

障害者の相続手続きは相続の専門家よりも障害者に理解のある専門家に任せた方が良い? 障害者の相続手続きは、通常の相...
成年後見人をつけない相続

「障害者には必ず成年後見人が必要です」と相続の専門家が言ってしまう訳

相続の専門家が「障害者には必ず成年後見人が必要です」と言ってしまうのは仕方がない? 当事務所への相談として、「障...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました