知的障害者相続

成年後見人をつけない相続

知的障害者や認知症が成年後見人をつけざるを得なくなる「手遅れ相続」の事例と対策を紹介!

知的障害者や認知症の人が成年後見人をつけざるを得ない状況に陥ってしまう「手遅れ相続」の事例と対策を紹介 「手遅れ相続」とは何でしょう。 それは、相続をきっかけとして知的障害者や認知症の方に「本来は不要であった成年後見人」をつけ...
障害者相続のお役立ち情報

成年後見人を申し立てるか否かは家族間で統一させないとトラブルになる?

成年後見人を申し立てられる人とは 本人・配偶者・4親等内の親族・未成年後見人・未成年後見監督人・保佐人・保佐監督人・補助人・補助監督人・検察官が申立人となります。また、法律上の一定の条件を満たしている場合には、市町村長も申立てができ...
当事務所の手続

当事務所への相談内容はどんなもの?【多くのお困りの声が日々寄せられています】

知的障害者や精神障害者、認知症の方をご家族にお持ちの方からのご相談内容の一例を紹介します。行政書士花村秋洋事務所には毎日たくさんのご相談が寄せられています。全てのお悩みを解決できるわけではありませんが、選択肢を広げるという点においては大変ご好評をいただいています。
成年後見人をつけない相続

成年後見人のデメリットをケースごとに解説【影響が大きいのは障害者>認知症】

成年後見人をつけることの主なデメリットは「費用」、「遺産分割の制約」、「財産の制約」です。さらに成年後見人をつけることで家族の心理的負担も増すことになるかもしれません。ここでは、成年後見人をつけることのデメリットについて例を挙げて解説していきます。
障害者の将来(親なき後問題)

一人っ子の親なき後対策は養子縁組+遺言で!【成年後見人を回避できる可能性UP】

養子縁組は成年後見人の回避や親なき後対策として有効!? 成年後見人をつけたくないという人は大変多くいらっしゃいます。むしろほとんどの当事者ができるなら成年後見人をつけたくないと思っているのではないでしょうか。 もちろん、誰も本...
障害者の将来(親なき後問題)

本当に成年後見人が必要?簡単フローチャートでチェックしてみましょう

障害者に対して本当に成年後見人が必要なのか?もちろん障害があれば誰もが必要というわけではありません。本当は必要ないのに銀行等の第三者から言われるままに成年後見人をつけてしまわれる場合もあります。そういったことを防止するためにも、ぜひ一度こちらのフローチャートを使用してみてください。
当事務所の手続

障害者相続のセカンドオピニオンとしても行政書士花村秋洋事務所をご利用ください!

医療現場でもセカンドオピニオンが有効なように、相続手続きでもセカンドオピニオンは有効? 医療現場では「セカンドオピニオン」の必要性が謳われています。 セカンドオピニオンとは第2の意見を聞くこと。複数の医師の意見を聞くことで利用...
障害者相続のお役立ち情報

簡単にできる最低限かつ最強の障害者相続対策は【自分の名前を書く練習】!?

誰でも準備出来るがやっておかないと困る障害者相続の対策は? 親なきあと問題という言葉が多く聞かれるようになっていますが、その親なきあと問題に含まれる大きな問題の一つが「障害者の相続」です。 ここでの障害者の相続とは、「相続人に...
当事務所の手続

障害者相続の手続きは福祉の現場経験豊富な専門家に任せた方が良いワケ

障害者相続は福祉の知識がある者に任せたほうが良い 障害者の相続とは、主に「障害者が相続人に含まれている場合の相続手続き」のことを指します。 障害者が亡くなり、その者についての相続手続きのことではありません。この場合ですと一般的...
成年後見人をつけない相続

絶対に遺言を作っておいた方が良いパターン2つ!【成年後見人を回避できる】

遺言は基本的には必要の無いもの 遺言というと「作っておいた方が良いって聞くけどなかなか取り掛かる気にはなれない…」といった方が多いと思います。 しかし、特に自分の遺産の承継について強い希望が無いという方には強いて必要が無いとお...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました