遺産分割協議

成年後見人をつけない財産管理

成年後見人をつけて不動産を法定相続分に分けて共有する場合の注意点

成年後見人をつけて相続を行った場合は「法定相続分」となる 障害者や認知症の方が相続人に含まれているために成年後見人をつけて相続手続きを行った場合、原則「法定相続分」で遺産を分けることとなります。 例えば、父・母・子一人の3人家...
成年後見人をつけない相続

認知症の相続のポイント5つ!【年齢・症状・署名・家族の理解・遺産分割内容】

認知症の方が相続人に含まれる相続のポイントとは? 認知症があっても一定の場合には遺産分割協議が可能です。 遺産分割協議が可能であるということは一般的な相続と同様に遺産の分割ができるということです。 という...
当事務所の手続

認知症や障害者等の専門的知識が必要な特殊な相続手続きは対応できる所が少ない?

認知症や障害者が含まれる相続は一般の相続手続きと大きく違う 一般的な相続手続きと、認知症や障害者が含まれる相続手続きは内容が大きく違うことが多々あります。 一般的な相続手続きは、 (遺言が無い場合) ①戸籍を集めて...
成年後見人をつけない相続

コロナ禍で入院・入所中に遺産分割協議書の署名押印をもらう方法【認知症等は特に注意!】

コロナ禍で病院や福祉施設が面会謝絶である場合、相続人に遺産分割協議書への署名押印をもらうことはできるのでしょうか。遺産分割協議書への署名押印のタイミングを逃すと最悪相続手続きが行えなくなってしまうという状況に陥る場合があるので注意が必要です。
成年後見人をつけない相続

認知症でも遺産分割協議はできる!【まずは長谷川式検査をやってみよう!】

認知症であっても遺産分割協議はできます! 「認知症でも遺産分割協議はできる」。 これをYESかNOで答える場合、多くの相続の専門家は「NO」と答えしてしまうと思います。ましてや福祉や医療の専門家であっても「NO」と答えてしまう...
障害者相続のお役立ち情報

簡単にできる最低限かつ最強の障害者相続対策は【自分の名前を書く練習】!?

誰でも準備出来るがやっておかないと困る障害者相続の対策は? 親なきあと問題という言葉が多く聞かれるようになっていますが、その親なきあと問題に含まれる大きな問題の一つが「障害者の相続」です。 ここでの障害者の相続とは、「相続人に...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけないで相続をすることのリスクとは【メリットとデメリットを理解する】

成年後見人をつけないで相続をすることのリスクとは 「成年後見人なんてつけたくない!」なんて思っていらっしゃる方は大変多いと思います。 本来、成年後見人は本人を保護したり代弁したりする機能を持つものとして誕生しました。 ...
当事務所の手続

障害者相続の手続きは福祉の現場経験豊富な専門家に任せた方が良いワケ

障害者相続は福祉の知識がある者に任せたほうが良い 障害者の相続とは、主に「障害者が相続人に含まれている場合の相続手続き」のことを指します。 障害者が亡くなり、その者についての相続手続きのことではありません。この場合ですと一般的...
成年後見人をつけない相続

成年後見人をつけた場合とつけない場合の「本人の保護」についてどう違うのか

成年後見人をつけた場合とつけない場合は何が違う? 成年後見人をつけると何が違うのか。もちろんこれについてご存知の方は多くいらっしゃると思います。 制度上のメリットとして謳われているのは「本人の権利が保護される」、「財産が守られ...
当事務所の手続

当事務所のリモート相続手続で新型コロナウイルスのリスクを回避しましょう!

当事務所では相続手続を極力対面せずに進ませることができます 新型コロナウイルスの影響により、他者との面会は極力避けることが推奨されています。 しかし相続手続等は実際に顔を合わせ、じっくりと話し合わなければならないことも多いため...
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!新たな方法をご提案できるかもしれません!
お手続きの流れはこちらから
成年後見制度を利用する前にぜひ一度ご相談を!
お手続きの流れはこちらから
タイトルとURLをコピーしました